医療 五十肩

ビル

複合的な損傷であることが多いです

五十肩とは、骨に異常がなくて、中高年に発生する肩関節の痛みのことを示します。
そのため、この疾患に含まれる疾患の数は、とても多いのです。
例えば、肩関節の拳上は、いくつかの筋肉が共同作業をすることで、はじめて可能になります。
なかでも棘上筋は、断裂すると拳上が困難になるために、手術をすることが多いことで有名な筋肉です。
そのため、この疾患において棘上筋というのは、見逃せない存在になります。
しかし、棘上筋だけの作用では、肩関節を拳上することは出来ません。
例えば、力こぶの筋肉として有名な上腕二頭筋や、三角筋などの作用は、必要不可欠なのです。
反対に、これらの筋肉のいずれが損傷を起こしても、五十肩を患うことになります。
また、一つの筋肉を損傷すると、共同作業であるために、ほかの筋肉が動作を補います。
すなわち、棘上筋が損傷を起こすと、上腕二頭筋などが、その分を補うようになるのです。
すると今度は、上腕二頭筋が損傷することもあります。
このように五十肩は、複合的な損傷であることが多いので、医療機関では慎重に判断しているのです。

none

医療 五十肩に関するページ一覧

平均寿命の伸びと五十肩の関係

日本における平均寿命は、100年くらい前まで50歳前後でした。
これは世界的に見ても、それほど

肩関節周囲炎という名称を、使用することが増えてきています

五十肩は、中年から高齢者までのあいだの人が患う、肩関節の疾患を総合した病名です。
ただしこの病

どうなる、これからの在宅医療

2025年問題という言葉があります。
団塊の世代が75歳を迎えるのが2025年。
そこか

在宅医療の分野の人材募集

高齢化に伴って、全国各地で在宅医療への需要が高まっています。
また地域の医療機関では往診などを