平均寿命の伸びと五十肩の関係

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

医療 五十肩み

ビル

平均寿命の伸びと五十肩の関係

日本における平均寿命は、100年くらい前まで50歳前後でした。
これは世界的に見ても、それほど珍しくない年齢でした。
そうした平均寿命であったころに、医療的用語として、五十肩という病名は用いられていたのです。
すなわち、天寿を迎える間際の人が、患うことが多い疾患だったとも言えます。
ところが、平均寿命が伸びるようになって、医療では老化の一過程と考えられるようになりました。
例えば、50歳くらいで痛くなっても、しばらくすると自然に治る疾患と捉えられるようになりました。
この治るための期間は、人それぞれで異なります。
1か月程度で回復する人もいれば、数年を要する人も存在するのです。
また、発生する年齢についても、平均寿命が伸びたことで、変化するようになりました。
具体的には、80歳の高齢の人であっても、五十肩を患うことがあるのです。
そのため現在は、発症する年齢に、大きな幅が生じるようになっています。
したがって、五十肩を患う人は、以前よりも増加するようになっています。