どうなる、これからの在宅医療

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

医療 在宅み

ビル

どうなる、これからの在宅医療

2025年問題という言葉があります。
団塊の世代が75歳を迎えるのが2025年。
そこから高齢者の数が一気に増える形となり、医療は病院から在宅へとシフトしていくことになります。
在宅で生活する、介護する、看取る。
今後はそういったことを在宅で行うことが当たり前になる時代が来ます。
その時に焦らなくてよいように、今から準備しておく必要があります。
まずは介護を必要としなくてよいように、今からしっかりと身体を使っておくことです。
身体の衰弱はまず足腰にきます。
日頃からの散歩や立ち座り運動などをしっかりしておくことが大切です。
また、認知症にならないことも大切です。
人と触れ合う、新聞などの活字に触れる、簡単な計算問題に取り組むなど、できることを日頃から行っていくことが介護予防になります。
今は介護保険を中心に地域での医療が充実化されてきましたが、最後の最後は自分たちで責任を持たなければなりません。
その時が来てもよいように、自らの生活を見直す、そして家族にもいずれその時が来ることを告げておき、しっかりと準備しておくことで、焦らずに介護を最小限にすることができます。